ZOOMゲーム

えだ??

​タンゴスナイパー

R0018093.png

えだまめか???

紙とペンを使ったゲームです。

参加人数は2人以上何人でもOKです。

親プレイヤーが決めた言葉(単語)を推理して、当てたら勝ちとなります。​

​推理力・論理的思考力が鍛えられます。

​準備・遊び方

<セッティング・遊び方>

<準備>

それぞれのプレイヤーが、紙とペンを用意してください

えだ??

まず、親プレイヤー一人を決めます。他は、子プレイヤーです。

親プレイヤーは、答えとなる4~8文字の言葉(単語)を考えて、紙に書き、書いたら、子プレイヤーにこの紙に書いたよと伝えます(書いた文字は見せちゃダメです)。

(ここからターン開始)

親は、子どもに答えの最初の一文字を教えます。

子は、答えを予測して、一人ずつ答えを言っていきます。1ターン1回しか答えられません。

【正解だった場合】

正解したら、親は答えを書いた紙を子に見せ、子はポイントをゲットします。

【不正解だった場合】

2ターン目に入ります。

親は答えの頭から2文字目を、子に教えます。

子は、1ターン目と同じように答えを予測して、一人ずつ答えを言っていきます。

このようにして、ターンを繰り返します。

わからない文字が最後の1文字になるまでに正解を答えると子に点数が入ります。

その場合の点数は、まだわかっていない文字数から1を引いた数になります。

例えば、2文字わからない文字が残っている状態で正解すると1点、1文字わからない文字が残っている状態で正解すると0点です。

また、わからない文字が最後の一文字になった時の回答を間違えると、文字数分だけ親に点数が入ります。

​​

答えに設定する言葉は、大体の人が知っている言葉で、簡単すぎず難しすぎない言葉を選ぶのが、面白いゲームにするコツです。

勝つことよりも、面白いゲームにすることを考えると楽しいですよ。

なお、答えのヒントを聞いてもOKですが、ヒントを聞くのは、1ターンに1回のみ、1ゲームで2回までです。