6月02日(水) | TUMUGUイベント会場

方程式…やっちゃいますか!(全8回:2時間×8回)

お申し込みの受付は終了しました。
方程式…やっちゃいますか!(全8回:2時間×8回)

日時・場所

6月02日 19:30 – 7月21日 21:30
TUMUGUイベント会場

イベントについて

小学生の親にとって“方程式”…って、なんかモヤモヤしませんか?

小学校ではやらずに中学校からやるし、大手の塾でも教えない…

方程式の方が楽に問題を解けそうなのに、小学生に方程式は教えちゃダメ??

…でもなんで?

小学校で方程式を教えないのには、理由があります。

それは、一言で言うと“思春期以前”では、抽象的なことを理解しにくく、具体的なことの方が理解しやすいから”です。

方程式を使わない算数的手法と、方程式を使う数学的手法では、次のような違いがあります。

【算数的手法】

具体的な数量をもととして、「今ここがわかってるから、次にここがわかる」と、わかることを積み重ねて答えに近づく。

【数学的手法】

わからないものを一旦抽象的な文字『x』として、「xが、他の数とこういう関係にあるのだから、xはこうだよね」と、

答えを含めた全体の関係性から答えに近づく。

つまり、方程式は抽象的なアプローチの仕方で「わかりにくい」と感じる子が多いので、小学生に教えないんですよね。

あと、答えに使づく方法が真逆なので、子どもが混乱するのをさけるために教えないということもあります。

だったら、なんでこんな講座をやるの?

って思いますよね。

いや、『方程式は中学校から』でも別にいいとは、思うんですけどね

思うんですけど…

やれるならやっちゃってもいいんじゃない?

とも思うんですよ。

算数的手法の方がわかりやすいといっても、数学的方法も理解できれば、より深くのことが理解できるようになるのは明白だし、何より数学的手法が理解できるかどうかには、けっこうな個人差があるはずなんですよね。

むしろ方程式を使う数学的手法の方がわかりやすいという子も、けっこういるはずです(僕もそうでしたし、うちの子もそうです)。

プログラミング学習でも、めちゃめちゃ方程式のような考え方は出てくるし…

一律で“教えない”というのは、むしろ不自然な気がしますので、思い切って学ぶ機会を提供してみようと、この講座をやることにしました。

中途半端にさわりだけ教えるだけだと、むしろ混乱させちゃうかもなので、ガッツリやります。

オンラインで毎週水曜(6/2.9.16.23.30 7/7.14.21)

19:30~21:30(2時間×全8回)です。

正直、ちょっと異端な講座ですが、チャレンジしてみようという方は是非!

高学年を想定して授業しますが、低学年の参加もOKです。

掛け算と割り算の基礎的な計算ができれば、何とかついてこれると思います。

料金は、2コマ×8回の合計16コマで、17600円です。

あ、講師は、ニャッキ先生こと僕小林です。

チケット設定
価格
数量
合計
  • 方程式…やっちゃいますか
    ¥17,600
    ¥17,600
    0
    ¥0
合計¥0

このイベントをシェア